後遺症 | 目黒駅・目黒・白金台 しんふね鍼灸治療院 medi鍼

ホーム > 施術案内 > 後遺症

後遺症

後遺症とは治療受けたのにも関わらず、回復の見込みがなく将来的に身体的または精神的な症状が残っている状態をいいます。交通事故だけにかかわらず後遺症は様々なものがあります。例えば脳梗塞が起こった後に腕のしびれや関節の拘縮、ろれつが回らなかったり、といった症状も後遺症とされます。交通事故において後遺症が残ることは良くあることとされます。医師に後遺症の診断をしてもらい、労働能力を喪失した場合は後遺障害と認定されます。交通事故やスポーツ障害の場合の後遺症は痛みを伴うことが多い上に、日常生活やスポーツに支障をきたす場合があります。この場合は専門の医療機関にて治療を行うことが推奨されますが、後遺症は慢性的な症状になることが多く、服薬やシップなどで改善しないこともあります。

鍼灸治療が後遺症の症状に対して行えることは、痛みのコントロール・痺れの軽減・日常生活動作の向上を目的に行います。特に交通事故後の痛みは精神的にも負担がかかることが多いため鍼治療による痛みの軽減と心を落ち着かせる治療を併用することで効果が高くなり症状の回復に役立ちます

アクセス情報

所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-20 高砂ビル白金605
駐車場駐車場はございません
電話番号090-7483-8499
予約について完全予約制 メール・電話予約
定休日祝日・火曜・水曜午前・土曜