野球治療 | 目黒駅・目黒・白金台 しんふね鍼灸治療院 medi鍼

ホーム > 施術案内 > 野球治療

野球治療

野球などの投球動作に似たスポーツ活動によって起こる肩への故障を総称して“野球肩”と言います。肩は投球動作によって色々な障害が発生します。
投球動作はワインドアップ期・コッキング期(前・後期)・アクセレーション期・リリース期・フォロースルー期の5つより構成されます。

主にピッチャーが肩を酷使するために起こる障害ですが、筋肉・靭帯の炎症、関節内の損傷、骨の損傷、変形などさまざまな病変があり、これらの病変は単独で起こる場合だけでなく、重複して起こる場合もあります。特にコッキング期はボールを持って肩が最大に外転、外旋する時期までの動作です。
肩関節は外転・外旋運動が強制されるため、肩の前方が引き伸ばされて三角筋前部や上腕二頭筋長頭腱は引っ張られ、棘上筋は収縮します。このため三角筋炎・棘上筋炎や上腕二頭筋長頭腱炎、インピンジメント症候群、腱板損傷が発生し易くなります。

アクセス情報

所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-20 高砂ビル白金605
駐車場駐車場はございません
電話番号090-7483-8499
予約について完全予約制 メール・電話予約
定休日祝日・火曜・水曜午前・土曜