テニス治療 | 目黒駅・目黒・白金台 しんふね鍼灸治療院 medi鍼

ホーム > 施術案内 > テニス治療

テニス治療

テニス肘はテニスを行う人に多い肘の痛みとして広く用いられますが正式病名は、上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎といいます。そのため、スポーツを行わなくても、介護やパソコンなどで、腕を使いすぎると、テニス肘・ゴルフ肘になります。

  • 症状は、痛みの強さや性質に差があります
  • じっとしていてもうずく・ズキズキ痛い
  • 動かさなければ、平気だが、腕を動かすと激痛
  • 肘がぶつかると飛び上がるぐらい痛い
  • ひじを曲げて、物を持つと痛くないが、肘を伸ばすと痛い
  • 物を握るのは平気だが、ドアノブをまわす・ふきんを絞るなど
  • 捻る動作は痛い

症状がひどくなると、じっとしていてもズキズキ痛み、家事・仕事など日常生活に支障を及ぼします。
これらに対し鍼灸治療を行う場合、まずは除痛治療といって痛みを撮ることを優先します。今後の回復の促進をすることでプレイ中の痛みや、そのほかの筋肉に対して痛みを抑えることができるのです。

アクセス情報

所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-20 高砂ビル白金605
駐車場駐車場はございません
電話番号090-7483-8499
予約について完全予約制 メール・電話予約
定休日祝日・火曜・水曜午前・土曜