陸上競技治療 | 目黒駅・目黒・白金台 しんふね鍼灸治療院 medi鍼

ホーム > 施術案内 > 陸上競技治療

陸上競技治療

陸上競技走るという動きは短距離・中距・長距離それぞれに特長があります。脚の細かい使い方が微妙に痛みを感じている人の感覚はなかなか言葉にしにくいところがあります。あと練習を休まなければならない精神的な苦痛も大きなストレスになります。走る時の痛みがアキレス腱・ふくらはぎなのかで治療する部位が変わってきます。痛みのある部位・痛みの性質によって治療も大きく変わってきます。

たとえば アキレス腱の痛みがあるとします。以前アキレス腱の痛みを経験した場合、練習を続けているうちに古傷となってさらに痛みが増幅されることがあり、放置するとアキレス腱断裂といった最悪の場合も起こることがあります。
後脛骨筋 (スネの内側)前脛骨筋 (スネの前側)ヒラメ筋や腓腹筋などのふくらはぎの筋肉と下の方になって腱になります。軽度だとストレッチや走りながら気にならなくなることもありますが、やはり普段の練習で体調の把握をすることがケガにならない予防といえるでしょう。

アクセス情報

所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-20 高砂ビル白金605
駐車場駐車場はございません
電話番号090-7483-8499
予約について完全予約制 メール・電話予約
定休日祝日・火曜・水曜午前・土曜