椎間板へルニア | 目黒駅・目黒・白金台 しんふね鍼灸治療院 medi鍼

ホーム > 施術案内 > 椎間板へルニア

椎間板へルニア

腰痛の原因で多いのが椎間板ヘルニアです。

 椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。この症状を坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。

よく首や腰にヘルニアになって痛みが出て悩んでいる方が多いですが、神経を圧迫して起こってくる症状なので、神経が支配している筋や皮膚や臓器にも影響を及ぼします。
間板ヘルニアの発症は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係しています。

椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2・5倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。
腰痛には、椎間板ヘルニア以外にもさまざまな原因がありますが、椎間板ヘルニアと診断されたときの治療法についてみていきましょう。
椎間板ヘルニアの治療法は、保存療法と手術療法があります。この病気は、自然治癒することもあるため、まずは、保存療法から治療が進められます。

アクセス情報

所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-20 高砂ビル白金605
駐車場駐車場はございません
電話番号090-7483-8499
予約について完全予約制 メール・電話予約
定休日祝日・火曜・水曜午前・土曜